地域活動支援センター飛騨流葉牧場

TOP > 飛騨流葉牧場

飛騨流葉牧場

 地域活動支援センター飛騨流葉牧場は、岐阜県飛騨市から地域活動支援事業を受託し、地域の障がいのある方が自分らしく安心して働ける場所として、また、支援学校等を卒業した方が一般就労する前の専門学校的な役割も担っています。

 

hida_pt.jpg 

 

事業概要
 地域の障害者雇用の場として、利用者の適性を見極め、得意なことや好きなことを作業に生かせるよう配慮し、飛騨地鶏の生産や、薪ストーブ用の薪の製造、ウエス製造を行っています。
 また、地元の神社の清掃や、地元企業からの委託作業を請け負い、地域との繋がりを大切にした活動に取り組んでいます。

 

 

事業内容

hida_pt01.jpg

(1)飛騨地鶏の生産
 飛騨地鶏が飼育されている鶏舎には、現在7,000羽の地鶏が平飼いで元気に育っています。2012年には国が定めた地鶏の飼育基準を満たし、JAS規格を取得しました。岐阜県のブランド地鶏として全国的に認知されるよう、美味しい地鶏生産に取り組んでいます。

 

 

hida_pt02.jpg

(2)薪ストーブ用の薪の製造
 住宅メーカーからの委託で、薪ストーブ用の薪を製造しています。材木は飛騨産のナラ材で、決められた長さに切り揃えた丸太を、機械を使って割っています。
 ここ数年、薪ストーブの人気が高まり、燃料となる薪の需要も伸びているそうです。

 
 
hida_pt03.jpg

(3)ウエスの製造
 「ウエス」とは、工業機械などに付着した油をふき取る布のことで、5㎝×30㎝の大きさに切り揃えた布を、ミシンで縫い合わせて製造し、地元企業に納められています。
 ウエスは、タオルや古着、シーツ等の、不要になった布などで作られ、様々な素材で出来たウエスが、用途に合わせて使用されています。

 
 
hida_pt04.jpg

(4)地域の神社の清掃
 流葉牧場から車で5分ほどの所にある「大津神社」の清掃活動に取り組んでいます。週に1回ほどのペースで行い、境内、社務所、トイレなど、敷地内の隅々まできれいにしています。

 
 
hida_pt05.jpg

(5)シーツ包装
 地元企業からの委託作業で、メーカーから運び込まれてきたシーツやピローケースを、1枚1枚折り畳み、袋に入れてパッケージングしています。作業が完了した物は検品され、「検品シール」が貼られて納品されます。

 
 

施設概要

所在地 岐阜県飛騨市神岡町伏方1919-2
開設日 平成28年1月1日
利用対象者 何らかの障がいをお持ちで就労したい方、
また、就労体験をしたい方(手帳の有無は問いません)
職員構成 センター長(1名)
職業指導員(2名)
事務職員(1名)

 

2018/05/25

障害福祉サービス事業所が出来るまで・・・VOL1

ブログの更新が滞っていましたが、実は今月から多機能型(就労継続B・就労移行)事業所の開所に向けて工事が始まっています。 

 

 

5/9(水)に地鎮祭を行い、いよいよ工事が着工しました!

※地鎮祭の時の画像はありません。毎度、詰めが甘い担当者ですみません。笑

 

 

 

 

下記は事業所の建設予定地です。

 

BEFORE

 

予定地①.jpg

 

 

 

AFTER

 

更地.jpg

 

堆肥ハウス、車庫、資材倉庫が解体され更地になりました。

次の工程は縄張り~位置確認です。

 

 

今後、当ブログを活用しながら工事の進捗状況等も含めて色々と飛驒流葉牧場の様子を発信していきたいと思います。

 

よろしくお願いいたします。

 

最近のTopics

このページの上へ▲

TOPめひの野園概要サイトマップリンク集お問い合せプライバシーポリシー