トピックス

飛騨流葉牧場

ワイルドだろ~

2023年01月27日

こんにちは。こんばんは。

飛騨流葉牧場です!

 

とある日のランチは・・・

 

 

 

 

 

 

神岡町にある「炭火焼き肉 神岡えんや」さんの飛騨地鶏ラーメン(^o^)

 

さっそくいただきましょう!

じゃーん!着丼!!!

 

 

地元の黒いラーメンとは真逆のテイスト。

少食な自分でも2杯はイケちゃいそうです。笑

 

 

 

 

ほとんどのお客さんが完飲されるそうで、当然ながら、自分も余裕の完飲!

飛騨地鶏のガラ、GOOD JOBです。

いやー、とにかくおいしかったです。(語彙力・・・)

 

【おまけ】

 

 

スギちゃんも来店されてたようです。笑

 

飛騨流葉牧場

新兵器登場

2023年01月13日

飛騨流葉牧場です!

本年もよろしくお願い申し上げます。

 

さて、タイトルにもある通り、流葉牧場に新兵器が導入されました。

 

その名も除雪機!笑

 

 

除雪機の威力をご覧下さい。

 

ちょっと比較してみます。

去年の過酷な過酷な除雪の画像

 

 

 

今年の除雪の画像

 

 

 

その差は一目瞭然!!!

去年と今年では積雪量が若干違いますが、これさえあれば、

大雪なっても大丈夫!!(イナ〇物置風)

 

本当にありがたいです。

壊れたら部品が供給されないみたいなので、大事に大事に使いたいと思います。

 

 

飛騨流葉牧場

ちょっとしたこと

2022年11月26日

こんにちは、飛騨流葉牧場です。

このたび、飛騨地鶏肉を入れる段ボールを一新しました\(^o^)/

 

無地だったものに名称とイラストを入れただけなのですが、とても素敵な段ボールに早変わり♪

もっと早くにやっていれば良かったなー、と後悔しています。笑

 

日常でも仕事でも「ちょっとしたこと」をやることで、事態は好転したり、プラスに転じることってたくさんあるかと思います。

現状に甘んじることなく、面倒くさがらずに「ちょっとしたこと」をコツコツと積み重ねていきたいですね。

 

飛騨流葉牧場

飛騨地鶏のフリカッセ

2022年11月08日

こんにちは。

朝晩はめっきり寒くなり、出勤時には霜が降りている飛騨流葉牧場です。

この調子だと次回のブログ更新時は「初雪のお知らせ」になりそうです。笑

 

さて、現在、世間的には秋であり、食欲の秋でもあります。(当地は初冬)

先日、お腹をすかした職員が飛騨地鶏を使ってオシャレな食べ物を作りました。

 

その名も、

 

 

ちょっと格好付けて横文字にしてみましたが、和訳すると「飛騨地鶏のクリームシチュー」になります。笑

クリーミーでボリュームがありとってもとっても美味しかったので、いつか皆さまにも召し上がっていただけたらと思っています。

 

それでは、今から冬支度をしてきたいと思います。

皆さま、風邪など引かずにご自愛下さいませ。

 

飛騨流葉牧場

めひの飯の誕生!?

2022年08月17日

こんにちは、飛騨流葉牧場です。

先日、障害福祉専門誌サポートの「売れ筋のヒント2022」を読み、閃く。

こ、これだーーー!!!と。

 

 

早速、レッツ!クッキング!!(私ではなく、職員Aさんが。笑)

 

①飛騨地鶏のガラと一緒にネギや生姜を入れてコトコト煮込む。(約3時間)

②飛騨地鶏肉に火を通し、1口サイズにちぎる。(今回はささみと手羽肉)

③めひの産の食材を準備して加工。

ネギは千切り。平飼い卵は錦糸卵に。生椎茸は甘辛く煮る。

 

そして、、、

完成する。

 

(鹿児島のソウルフード「けいはん」風)

 

めひの飯

 

控えめに言って・・・

 

「まいう~~~(^^)/」

でした。

 

めひの自慢の農産物がてんこもりの「めひの飯」

(めひの飯はボリュームのあるお茶漬けをイメージして下さい)

 

ひょっとしたらりんどう祭で出品するかもしれませんので、続報をお待ち下さい。

(しないかもしれません。その際はご了承ください。)

 

飛騨流葉牧場

新商品を考案中 その2

2022年05月07日

こんにちは。

 

日夜、廃鶏肉の商品作りに頭を悩ませている飛騨流葉牧場です。(誇大)

あれからまだ続いています。。。

「レイヤーの廃鶏肉をどうにかして商品化できないだろうか?」・・・と。

 

 

そして、ゴールデンウィーク真っ只中の5/4(水)

満を持して、第二弾の試作お披露目試食会が開催されました。

 

その名も

「ひね鶏の煮込みハンバーグ(仮称)」

 

調理過程を簡単にご紹介

始めに、レイヤーのガラをグツグツコトコト煮込み、コク深い出汁を作ります。

 

 

 

そして、肝心のハンバーグ。

企業秘密らしいですが、このタネには豆腐と〇〇が練り込まれています。(ヒント:作業センターふじなみ産の椎〇)

調理人のA氏曰く「豆腐と〇茸を混ぜることにより、食感がふんわり柔らかくなるはずなんですよ・・・」と。

 

 

 

 

そして、

煮込みハンバーグになる!

 

 

 

 

 

う、旨いーーー。や、柔らかいーーー。

旨いのはもちろん、固さがほぼ皆無です。

調理人にカミングアウトされないと、これが廃鶏ミートだとは誰も分からない。それぐらいあの固さが消えていました。

 

ご覧の通り、利用者さんも職員も大満足で、笑顔の絶えないランチ会になっています。

 

 

また一歩、レイヤーの廃鶏を使用した商品化への道が拓けた。

・・気がしたゴールデンウィークの一コマでした。笑

 

飛騨流葉牧場

新商品を考案中

2022年04月21日

こんにちは。飛騨流葉牧場です。

昨年度末にオートキラーを設置し、現在、食鳥処理工程の一部が機械化されています。

それに伴い、今年度からは採卵鶏(廃鶏)の処理も受託しているのですが・・・

※なお、この採卵鶏(廃鶏)は、当法人「ウォーム・ワークやぶなみ」で美味しい卵をガシガシと産んでくれていた老鶏になります。

 

そして、今、悩んでます。

何とかしてこのゴムのように、タイヤチューブのように固い鶏肉を商品にすることが出来ないのだろうか?と。

 

廃鶏肉のダメなところ

・ビックリするぐらい固い。ヤバいぐらい固い。

廃鶏肉の良いところ

・味わい深い(コク強め?)

 

そして、試作品第1号が・・・

 

 

 

完成する。

その名も、

じっくりコトコト煮込んだ「ひね鶏のそぼろ親子丼」

 

お腹が減っていたからなのか?調理した職員の腕が良いのか?

普通に旨いです!笑

 

とりあえず、廃鶏の商品化に向けて、一歩前進したであろう4月20日(水)でした。笑

飛騨流葉牧場

冬の終わり

2022年04月13日

こんにちは。飛騨流葉牧場です。

永遠に雪解けしないのではないか?と思われた事業所裏の雪もようやくなくなりかけています。

 

4/13(水)

 

 

 

 

暑がりな自分としては・・・これからうだるような暑さが来るのかと思うと、なんだか複雑な心境になります。笑

 

さぁ、今日も頑張ろう!

飛騨流葉牧場

NHK歳末たすけあい 赤い羽根共同募金

2022年03月28日

こんにちは、飛騨流葉牧場です。

当地も雪が溶け出し、少しずつ春らしくなってきました。

春本番は後1ヵ月先といったところでしょうか?

 

さて、過日、NHK歳末たすけあい赤い羽根共同募金の配分金(社会福祉法人岐阜県共同募金会様より配分)を活用させていただき、飛騨地鶏の給餌器を購入させていただきました。

 

 

 

 

新しい給餌器は、食欲増進作用があるのか、心なしか餌の減りが早いように感じ、飼育部門の利用者さんも給餌作業に追われています。笑

餌をたくさん食べて、すくすく健康に育ってもらい、旨い飛騨地鶏をより多くの方に召し上がってもらえたら嬉しいですね!

 

取り急ぎ、ここに設置完了の報告を申し上げますとともに、感謝の意を表します。

皆さま、まことにありがとうございました。

 

 

飛騨流葉牧場

オートキラー設置しました

2022年03月22日

皆さまこんにちは。

飛騨流葉牧場です。

 

ご報告が遅れてしまいましたが、先月末、東海農政局からの令和3年度農山漁村振興交付金、飛騨市からの農福連携支援食鳥施設整備事業補助金、めひの野園保護者会からの寄付金等を活用し、当事業所の食鳥処理施設にオートキラーを設置しました。

 

 

オートキラーの設置に伴い、これまで食鳥処理工程に掛かっていた労力と時間が大幅に削減されます。また、今後は、外部からの大規模な食鳥処理業務も受注することが可能になり、このことは、事業所の収入アップに繋がり、ひいては利用者の工賃向上が見込めます。

 

コロナ禍でまだまだ厳しい状況は続きそうですが、今後は、オートキラーを最大限に有効活用し、事業の幅を拡充させていく所存です。

 

取り急ぎ、ここに設置完了の報告を申し上げますとともに感謝の意を表します。

ありがとうございました。