多機能型事業所(就労継続支援B型・生活介護) ウォーム・ワークやぶなみ

TOP > ウォーム・ワークやぶなみ

ウォーム・ワークやぶなみ

 ウォーム・ワークやぶなみでは、利用者一人ひとりの働く権利と社会参加の実現、社会性の拡大と生きがいを考慮し、利用者の働く意義の理解と、就労に対する意欲を育むため、利用者に働く場と機能の向上をめざした支援サービスを提供します。
 就労継続支援B型事業所の「ウォーム・ワークやぶなみ生産課」と、生活介護事業所の「みしまの工房」からなる多機能型事業所で、各グループ利用者の特性に合わせて、様々な作業を提供します。
 

やぶなみ外観.jpg

IMG_0337.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

         ウォーム・ワークやぶなみ       みしまの工房

2017/01/19

職人技

  新しい年を迎え、2017年がスタートしました。今年もやぶなみ一同よろしくお願いします!

 めひの野園では4月に迎える新規採用職員に向けて、3月に全事業所において研修が行われます。私もその研修を受けたのですが、今でもはっきり覚えている利用者さんの「職人技」に感動した場面がありました。

 その職人技とは・・・

石鹸.jpg

 糸鋸を操って石鹸を切る利用者Kさんの姿です。真剣な表情で次から次へと石鹸を切っていく姿に圧倒されました。

 出来上がった石鹸がこちらです。

image1.jpg

 見事に大きさがそろっています!この石鹸はちなみにアボカド石鹸です。アボカドは栄養価も高く「森のバター」と言われています。そのオイルを贅沢に使用した高級な石鹸です。

 Kさんが何度石鹸を切っても大きさをそろえられるのには、長年培った職人技ももちろんあるのですが、ジグを用いることで作業の手助けをしています。1枚目の写真にあるように、板を1枚置き、その板に石鹸を合わせることで、大きさをそろえることができます。

 Kさんは以前、木工班で木のパズルを糸鋸を使って作っていました。ぜひ石鹸部門においてもKさんの得意なことを活かすことができないかと考え、糸鋸で石鹸を切る場面で今でもKさんの職人技は活かされています。

 さあ(^^)/熱が入ってしまい長い説明になりましたが、めひの野園の石鹸は手作りで肌に優しい石鹸です。私も自宅で使っていますが、肌触りがよく、洗面所にあるだけで利用者さんの姿を思い出してなんだか温かくなれる石鹸です(*^_^*)

 来月の18日(土)、19日(日)に行われる「ハーティとやまinファボーレ」においても販売しますので、ぜひ皆さん足を運んで、商品を手にとっていただけたらうれしいです!お待ちしています(^^)/

  

最近のTopics

ウォームワークやぶなみ 営業・販売課のTopics

ウォームワークやぶなみ みしまの工房のTopics

このページの上へ▲

TOPめひの野園概要サイトマップリンク集お問い合せプライバシーポリシー