トピックス

めひの野園

おつかれさまでした!保護者ボランティア

2022年05月21日

5月8日「保護者ボランティア」が行われ、保護者会の皆さんと職員が協力し、園周辺の環境整備、美化活動に取り組みました。

コロナ禍につき、マスクの着用、密を避けての実施になりましたが、青空の下で草刈りや花壇の整備を行い、心地よく汗を流しました。

ブルーベリー畑の草刈り

溝掃除

中庭の池の底に溜まった泥も掻き出しました。

栽培・堆肥部門で育てられた花苗を花壇に植えました。

園の敷地周辺に伸びていた草もキレイに刈り取られ、すっきりしました。

参加された皆さんお疲れさまでした!

めひの野園

辞令交付式、職員全体研修

2022年04月10日

4月1(金)、当園の体育館で辞令交付式が行われました。

職員に辞令が交付され、その後新規採用職員の紹介が行われました。

今年度も職員一丸となって利用者さんに寄り添う支援に努めてまいります。

翌4月2日(土)、高志会館で職員全体研修が行われました。

職員の研鑽のため、毎年行われている職員全体研修ですが、今年度は事業所ごとのミーティングが行われました。

それぞれの事業所の課題や、今後の展望について話し合い、そこで話し合われた内容が事業所ごとに発表されました。

めひの野園

3回目のワクチン接種が終了しました。

2022年02月13日

2月11日(土)、当園体育館で、利用者さん、職員への3回目のワクチン接種が行われました。

体育館をパーテーションで仕切り、順番を待つ場所(写真右側)、接種する場所(写真上)、接種後の休憩場所(写真左側。15分休憩し、体調変化がないか確認)に分け、一方通行の流れに沿って接種が行えるように準備しました。

感染対策の為、スタッフは防護服、マスク、手袋、フェイスガードを着用し、接種の支援にあたりました。

密を避け、一人ずつ順番に接種していきます。

無事に接種が終わりましたが、今後も油断することなく、普段の消毒などの感染対策を続けていきたいと思います。

 

めひの野園

2022年 謹賀新年

2022年01月04日

あけましておめでとうございます。

謹んで新春のお慶びを申し上げます。

2022年1月4日(火)、めひの野園体育館で年頭訓示が行われました。

 

 中田匡園長からは、臨済宗国泰寺派の澤大道老師から頂いた「諸悪莫作(しょあくまくさ)」という言葉が示されました。

 「もろもろの悪をなすことなけれ」という意味で、「『悪いことをするな、善いことをしなさい』というのは子どもでも知っているが、実行することは難しい。日々の生活の上で踏み行っていくことが大事である」とお話しされました。

 次に中田園長からは体育館に掛けられた「心身一如」の額について触れられ、「心と身体が一つになり、バランスが取れていることが大切」と話されました。

 また「2022年は、めひの野園の『変わらない根っこ』を残しながらも、時代の変化に合わせて事業所の機能を見直していきたい。また、完成している事業所に関しても、さらなる醸成を目指していきたい」と決意を述べられました。

 職員一同、「今我々に求められているニーズは何か」を常に念頭に置き、日々の利用者支援に努めてまいりたいと思います。

 本年もよろしくお願い致します。

めひの野園

年末年始の業務のお知らせ

2021年12月26日

 12月29日(水)~来年1月3日(月)まで、事務所は休業させていただきます。

なお、12月29日は全体職員研修会のため、園全体が休業となります。

 ご迷惑をおかけいたしますが、何とぞご了承ください。

めひの野園

めひのの食材食い尽くせ! ~柚子の巻~

2021年12月26日

はい!おまっとさんでございます!

めひの野園の食材を食い尽くそうという人気企画が年の瀬にやってまいりました!

今回の「めひのの食材」はこちら!

「栽培・堆肥部門」の畑に、たわわに実った柚子です!

冬の味覚の引き立て役。少し加えるだけで、風味も見た目も格段にアップします。

ぶり大根が出来ました!

すいませんが、途中経過は割愛させていただきます。

スーパーに行ったらたまたまブリのアラが安売りしていたので(富山県民のハッピーあるある)、ぶり大根を作り、「アッ!そういえば柚子をもらったんだった」と思い出し…

慌てて柚子の皮を細切りにして写真を撮ったのでした…。

細切りにした柚子の皮を散らすだけで、ぶり大根の美味しさが膨らみました。

後日、ふろふき大根を作りました。

柚子・大根は当園「栽培・堆肥部門」で生産されたもの。上にかけた柚子味噌は「食彩部門」で製造されたものという、

「オールめひの野園」の食材で作ったふろふき大根です。これが美味しくないわけがありません。大根は、ほくほくしてジューシーで、そして柚子の香りが広がり、この寒い時季にぴったりの一品でした!

今回紹介した「ふろふき大根」は、1月発行予定の当園の広報誌「婦負の野」でも紹介する予定です。お楽しみに!

めひの野園

保護者ボランティアを行いました。

2021年11月14日

11月14日(日)、秋空の下、保護者ボランティアを行いました。

保護者ボランティアとは、園の職員と保護者の皆さんが協力して行う美化活動のことで、うさか寮周囲の溝掃除や花壇の整備、草刈りを行いました。

 

 

熊手やほうきを使って敷地内の落ち葉掃除です。スノコの下もきれいに掃除しました。

花壇の整備。栽培・堆肥部門で育った季節の花を花壇に植えました。

窓ガラスもキレイピカピカです。

ブルーベリー畑の草刈り。ブルーベリーの木まで刈ってしまわないで!

溝に溜まった土砂もキレイに引上げました。

皆さんの協力で園の敷地内がすっきりキレイになりました。

 

 

めひの野園

救急救命講習を行いました。

2021年11月07日

10月23日(土)、11月6日(土)の2回に分けて、めひの野園体育館で救急救命講習を行いました。

密を避けるために、職員を2グループに分け、2日間での講習です。

また、講習時間を削減するため、事前にWEB講習を受け、応急手当に関する基本的な知識を身に付けてからの講習でした。

講習の間は、なるべく間隔を開けて聴講しました。

10月23日(土)

11月6日(土)

 

 

胸骨圧迫による心肺蘇生法や、AEDの使い方について学びました。

利用者さんの高齢化が進む中、万が一の事態はいつ起こるか分かりません。

今回の講習で学んだ知識や技術を活かし、落ち着いて対応していきたいと思います。

トピックス

「めひの野園ミニりんどう祭」が開催されました。

2021年11月03日

 今年度の「めひの野園りんどう祭」は、多数の参加者が集い、密の状態になるのを避けるため、当園利用者のみ参加の「ミニりんどう祭」となりました。

例年のように多くの来場者で賑わう「りんどう祭」と比べると規模は小さくなりましたが、利用者さんに楽しんでもらえるよう、体育館でのアトラクションや、模擬店が用意されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

体育館でのアトラクション めひの野園の和太鼓サークル「喜楽太鼓」の演奏

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

春の苑で普段「音楽療法」をされている緒方先生と一緒に、音楽に合わせて楽しく体を動かしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しそうな利用者さんたち

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前中は雨がパラつくこともありましたが、午後からは青空が広がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

模擬店には飛騨地鶏カレーやお好み焼き、やねのうえのガチョウのケーキ等、お馴染みのメニューが並びました。

 

 

 

 

 

 

 

いつもとは少し違ったけど、みんな楽しんでくれたかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

めひの野園

2021年度「めひの野園りんどう祭」の開催中止について

2021年11月02日

  11月3日(水)に開催を予定していました「めひの野園りんどう祭」ですが、新型コロナウイルス感染予防を考えた結果、多数の参加者が集う状況を避けるため、今年度は当園の利用者のみ参加の「ミニりんどう祭」とさせて頂き、例年通りの「りんどう祭」の開催は、誠に勝手ながら中止することにいたしました。

 ご来場を楽しみにされていた皆様には大変申し訳ございませんが、何とぞご理解のほどよろしくお願い申し上げます。