トピックス

作業センターふじなみ

意識すると見えてくる

2020年02月11日

 

 

 まだ寒い日が続き、少し雪も残っているが、ふじなみの椎茸は寒さに負けず元気にたくさん育っている。そして椎茸に負けないくらい、みんな元気に働いている。

 作業センターふじなみに配属になり、椎茸栽培を始めると、スーパーマーケットの野菜コーナーの椎茸を手に取ってじっくり見るようになった。椎茸の形や大きさ、厚さ、色、軸の太さ、水分量、パッケージ、ラベルなど、ふじなみで働く前は見向きもしなかったスーパーマーケットの椎茸を今ではスーパーに行くと必ず見てしまう。スーパーマーケットだけでなく、最近はドラックストアやコンビニにも椎茸が置いてあるのを見かけるようになった。

 また、自分に子供が生まれると、公園やファミレス、イオンやファボーレにたくさんの子供連れがいることに目が行く。子供が多く生まれるようになったのかなとも思ったが、そうではなくて、目に入るようになっただけだと気づく。ジョギングを始めると街中のランナーを多く見かけるようになったり、犬を飼い始めると、よく犬を見かけるようになるのも同じかもしれない。

 テレビのニュースでは、どのチャンネルも嫌な気持ちや不安になるニュース番組が多い。もちろんニュース番組は事実を伝えなくてはいけないのだから仕方がないのかもしれない。ただ、ニュース番組だけでなく、ワイドショーや特番でも不安や怒りを煽るような番組が多いような気がする。椎茸とか、子供とか、ランナーとか、犬とかをよく見かけるようになったという話と同様に、家で何気なくテレビをつけていて不安や怒りを煽るような番組を見ていると、不幸な未来をよく見かけるようになってしまうかもしれない。

 このままでは、ますます通常の地上波テレビを見る人が減り、ケーブルテレビの好きなチャンネルやYouTubeなどのネット動画で自分が好きな動画を見て、幸せな気持ちになることを選択する人が増えていくような気がする。

 昔から、その人の本棚を見ればその人がどういう人か分かると言われるが、今はその人の動画履歴を見ればその人がどういう人か分かるのかもしれない。なるべく幸せな未来をよく見かけられるような人になりたいと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 そういえば、昔はテレビをつけていると、いつも巨人戦が放送されていた気がしますが、今は地上波ではほとんど放送されませんね。私も好きな選手のプレーをYouTubeで見るようになってきました。ホームランの動画ばかり見ていると自分もホームランを打てるような気になってしまいます。あとNHKのBS1で土曜23時、再放送は月曜19時から放送されている球辞苑という番組もマニアックな野球好きには面白い番組ですね。いかん、また野球の話になってしまった・・・

作業センターふじなみ

雪道を歩く

2020年02月08日

 今シーズンは暖冬だから、もう雪が降らないと勝手に思っていたら、少し雪が降ってしまった。
 久しぶりに降った雪を見て、なぜか懐かしく感じ、いつもは雪が降ると嫌だなぁと思うところを不思議だが、少しうれしくなった
 



 いつのまにか、暖冬に慣れてしまっていたらしく、雪が降ることにいちいち反応してしまう。
 雪道を歩くことや、雪道の車の運転には慣れているつもりだが、久しぶりの雪だと感覚を思い出すのに時間がかかる
 ま、時間がかかると言っても何時間もかかるわけでなくでなく、何分、いや何秒といったくらいのものだ。



 雪が積もると、今まで見えていた地面が真っ白になって、歩くと足跡がつく。
 栽培ハウスまでの道を最初に歩いた人の足跡を辿ってみんなが歩いている。
  最初に歩いた人が少し遠回りに歩いても、みんなその道を歩いている
 
 たいしたことじゃないが、歩きながらおもしろいなぁと思っていまった。
 誰も足跡をつけていない道を歩くのは気持ちよくもあり、気が引き締まるのはなぜだろう。

 そうだ、試合が始まるときの最初に球場のダイヤモンドやマウンドに入る時の感覚に似ているからかもしれない。

 いかん、また野球の話になってしまった・・・

作業センターふじなみ

基本は大事、基本に戻ってみる

2020年01月17日

先日、高校入試の問題を解いてみる機会があった。
5教科の中でも数学がわからなかった。
大学受験の数学ならまだしも、高校受験の数学がわからないのは少しショックだった。
たしか、自分が中学生の時に少しは解けていたはずの問題が全く解けない。
そのときから、かなりの年月が経っているので、解けないのも仕方がないのかもと自分を慰めてみる。

言い訳がましいが、5教科の中で一番今の生活で使わない教科は数学かもしれない。もちろん買い物の時のお金の計算や、今の仕事で使う計算は日常で行っているが、ほとんどは小学校で習う算数で事足りるような気がする。

よく、道に迷ったらわかるところまで戻って考えるとか、やっていることに行き詰ったら、基本に戻るとか、初心忘るべからずとか言うが、本当に必要なことなのかもしれない。もう一度中学校の勉強をやり直してみるというのも面白いかもしれない。

作業センターふじなみの椎茸栽培でも、いろいろ新しい栽培方法を試して、行き詰ったら、最初に教わった栽培方法に戻してやってみる、の繰り返しで今に至っている。

足したり引いたりを繰り返しながらやっているのは、大変でもあるが楽しいことでもある気がする。

培地づくりや培養、栽培についての話し合いでも、よく「もともと最初はどういうふうにやっていたっけ?」と、確認することがある。

そういうことの繰り返しが今のふじなみを作ってきてくれたとと思っている。

 

 

読売ジャイアンツの坂本選手は、野球の基本であるキャッチボールを誰よりも真剣に、そして大事に取り組むようになってから一流の選手に成長したのですと、野球解説者が言っていた。

春になったら、キャッチボールを頑張ろうっと

いかん、また野球の話になってしまった・・・

作業センターふじなみ

効果的な筋トレ?

2020年01月16日

昨日は大型トラックが到着し、ふじなみで作った培地約3,500個を千葉県に運んでもらった。

培地が入った段ボールは意外に重く、約15kgある。

それをトラックの荷台の高さまで、何度も持ち上げる作業をすることになる。

荷台にに乗せた後は、荷台の奥まで運び、積み重ねる作業もある。

 

もはや、立派な筋トレである。

 

両手にダンベル持って、スクワットするより、効果的かもしれない。

最近では筋トレはフィジカル面のトレーニングになるだけでなく、メンタル面のトレーニングにもなるということも言われている。

もしかしたら、ふじなみのこの大規模な出荷作業が、メンタルトレーニングになり、利用者さんの精神面の安定につながっているのかもしれない。

 

出荷作業をたくさん行えば、フィジカルが鍛えられ、球速や飛距離が伸びて、メンタルも鍛えられ、ピンチやチャンスに強くなるかもしれない。

いかん、また野球の話になってしまった・・・

作業センターふじなみ

エアコンのフィルター掃除

2020年01月15日

ハウスに設置してあるエアコンのフィルターを掃除した。
前回掃除したのは年末だったので、2週間ぐらい経っている。
家のエアコンのフィルターは年に2回ぐらいしか掃除していない。

 

そういえば、ハウスのエアコンは24時間365日使用しているから、
すぐにフィルターが汚れるのも無理はない。
家のエアコンだと誰もいない時は使用していないので、
使用している時間は24時間のうち8時間かせいぜい12時間ぐらいだと思う。
それと比べて、作業センターふじなみのエアコンは24時間365日使用しているものが多くある。
そのうえ、家のエアコンが壊れた時に、電気屋さんから電機製品は10年経ったぐらいから
故障する物が多くなってくると聞いた。確かに家のエアコンも13年経っていた。
ということは、24時間365日頑張っている、ふじなみのエアコンの寿命は
もっと短いのかもしれない、と考えてしまう。

 

作業センターふじなみは菌床椎茸一貫生産で、
整った空調設備を使って、年間を通して椎茸栽培を行っている。
ということは、空調設備の数も多く、
エアコンだけで50台以上ある。
しかも、エアコンが故障すると菌床椎茸生産に
多大な影響が出る重要な役割を担っているエアコンが多い。
人間ならエアコンが壊れても我慢するなり、
服装で調整するなり、移動するなりすればよいが、
椎茸や培地は、あまり我慢できないし、服装の調整もできないし、
移動も難しいのである。

 

できることは、故障しないようにメンテナンスし、
年数が経って、故障しそうなエアコンは計画的に
新しいものに変えていくしかない。
故障してから、どうしようでは遅いのである。
ノーアウト1・3塁やノーアウト満塁のピンチになってからどうしようでは遅いのである。ピンチの時を想定した対策を取っておかないといけない。そのための練習である。
いかん、また野球の話になってしまった・・・

作業センターふじなみのエアコンが50台以上あるということはフィルターも50枚以上あるので
こまめに掃除しなくちゃですね。フィルターが詰まっているとエネルギーの無駄にもなり、電気代の無駄にもなりますしね。

作業センターふじなみ

テレビの撮影

2020年01月11日

昨日のお昼過ぎに、テレビの撮影がありました。
利用者さんにはあえて伝えず、いつも通りの作業の様子を撮影してもらおうと思っていたのですが、突然現れた撮影隊にちょっとしたざわつきがあり、テンションが上がる人や緊張してしまう人が何人かいました。無理もないですよね~。
普段あまりお目にかかることのない大きなプロ用の撮影カメラを目にすると、どうして普段通りの動きや表情ができずに、ぎこちなくなってしまいました。
2月22日(土)11時25分~放送予定で、BBTの「元気とやまみんなのクイズ」という番組だそうです。
なるべく良いところを撮影してもらおうと思ったり、
なるべく良いコメントを言おうとする野心めいた「作業センターふじなみ」です。
興味のある方は見てみてください。
それにしても、約15分の番組と聞いているのですが、午前中はハーティとやまを開催しているショッピングシティアピアに撮影に行って、午後はめひの野園の撮影を行い、別の日には他の障害者就労事業所を撮影するらしいです。あらためて、テレビ番組を作るのって時間と人手がかかるのだなと実感しました。撮影だけでなくナレーションや編集作業もありますしね。

 

もしかしたら、ふじなみの部分はバッサリとカットかもしれません(笑)

 

話は変わって、今回の年末年始の休みはいつもの年より数日長めでした。

曜日の関係で長くなったのですが、あまり長い休みに慣れてないせいか、体のリズムがおかしくなりそうでした。やはり仕事をしている方が体のリズムや調子は良さそうです。数日かかってようやくいつもの調子に戻ってきた感じがします。

プロ野球の新人合同自主トレが始まりましたし、今年は雪もないようなので、早めに身体づくりを始めようかと思います。

いかん、また野球の話になってしまった・・・

作業センターふじなみ

経験による勘、そしてセンス

2020年01月10日

一昨日は強い南風が吹いていた。ふじなみの椎茸栽培は、一年中栽培できるハウス栽培だが、どうしても天候に左右される。
風の強さとか、気温とか、湿度とか、
すべての天候の条件が同じという日はない。
マニュアル通りに栽培しているが、
天候によって、たくさん椎茸が出たり、あまり出なかったりするし、形の良い椎茸になったり、形が良くない椎茸になったりもする。
予想通りにいかなくてと悔しがる場合もあるし、
予想以上に良かった喜ぶこともある。今回の南風はふじなみの椎茸を大量発生させた。

 

天候に左右されることは様々な仕事であると思う。
特に、農作物を栽培している場合には、
どんなに対策や準備をしたとしても、
予想以上のことや予想しなかったことが起こると
今までやってきたことが台無しになってしまうことがある。まだ記憶に新しい、長野県の千曲川の氾濫により、リンゴ農園が壊滅的な被害を受けたのも予想外の天候によるものだろう。
台風のような強い風が吹いたらどうするのか。
大雪が降ったり、マイナスの気温が続いたらどうするのか。
ふじなみのハウスは、横幅や奥行き、高さが様々だ。
また、暖房機や冷房機の性能もそれぞれ違う。
椎茸が出てくるもとになる培地の育つ環境もそれぞれ違う。
すべて同じな条件が揃うようなことはない。

 

この揃わない条件でどうやって安定させて椎茸を栽培するかというと、
栽培を担当する人の勘に頼るという方法である。
今の時代、勘に頼る仕事は、良く思われない。
しかし、すべて同じような条件が揃うことのないことをマニュアル化して、
すべてを想定内のマニュアル通りに栽培する
というようなことは、やはり難しい。

 

そういうことよりは、経験による勘や
栽培する人のセンスを頼りにする
椎茸栽培の方法のほうが現実的であるようだ。
「勘」や「センス」を活かして、
椎茸栽培を成長させようとするほうが、面白いとも言える。

 

このことは椎茸栽培だけじゃなくて、他の仕事やスポーツでも言えますね。

野球でもセオリー通りの展開より、予想外の展開や

センスあふれるプレーの方が見ていて面白いし、特に打球を追う守備の一歩目は経験による勘が大きく影響しますね。

また、野球の話になってしまった・・・

作業センターふじなみ

平成31年と令和元年の忘年会

2020年01月08日

昨年の12月に、平成31年と令和元年という節目だった一年の労をねぎらい、椎茸の最盛期である年末に向けて頑張れるよう、お寿司やオードブル、ピザ、お菓子、ジュースを用意して忘年会を行いました。カラオケの機械もレンタルし、得意な歌を熱唱しました。

今回の忘年会は「NHK歳末たすけあい」より助成をいただき、開催しました。

本当にありがとうございます。おかげさまで、心配していたインフルエンザがふじなみで流行することなく、新年を迎えることが出来ました。

「NHK歳末たすけあい」は、共同募金を通じて、国内の福祉施設や支援を必要としている人に役立てられています。

作業センターふじなみ

2020年始動

2020年01月07日

新しい年を迎えて、ふじなみも昨日から営業を開始したのだが、ふじなみでは昨年の12月から新しいハウスが稼働した。

 新しいハウスができていくのは楽しい。
 見たことのある部品やパイプが組み立てられていく工程とか、
 何人もの職人さんが働いている姿を見るのも好きだ。
 工事がたくさん進んだように見える日があれば、
 どこが進んだのだろうかとういう日もある。
 私は建築に関しては素人なので、単純に大きなプラモデルや工作キットが
 出来上がっていくのを楽しんでいる感覚なだけだが、
 何かが生まれてくるのは、うれしい。

 やがて完成すると、他のハウスと同様に培地を並べ、椎茸を育てて収穫することになる。



 あっ、そうなのか、出来上がってしまうと今度は職人さんたちの仕事から私たちの仕事が始まるのだ。
 今度は、ふじなみにできた新しいハウスから
 椎茸が生まれてくるのだ
 きっと、こうやって、今までのハウスも
 完成してから一番最初に生まれてくる椎茸があったのだ。
 培地の搬入や除袋、間隔開け、培養液流し、芽掻き、収穫
 といった作業は今まで通りできるから、
 初めてのハウスでの作業だけど、やがて、
 今まで通りに椎茸が大きく成長していくことだろう。



 今回建設したハウスは今までのハウスで最大級の大きさである。
 大きなハウスでの椎茸の管理に不安もあるが、大きな空間での作業は心地よく、
 こういう環境で働ける利用者も幸せそうだ。

作業センターふじなみ

作業センターふじなみ トピックス

2019年10月17日

今回の秋の旅行は信州です。

1日目は信州そばを食べてから、松本城へ行きました。

ふじなみの利用者さんはお城好きなのか、これまでに彦根城や会津若松城、名古屋城、岐阜城、犬山城など、最近の旅行先でも結構行ってます。

今回の国宝松本城も中はバリアフリーにはなってなく、大きな段差や低い梁、急で狭い階段など、まるでアスレチックトレーニングのような見学になりました。

 

宿泊は白樺リゾート池の平ホテルでした。

リゾートホテルらしく、温水プールやボーリング場、大きなゲームセンターなどが併設されていて、ゲームが好きな利用者さんは大喜びでした。

2日目はホテルの隣にある白樺リゾート池の平ファミリーランドという遊園地を楽しんでから、富山に帰ってきました。

 

心配した天候も、バスの車内やトイレ休憩時には雨だったものの、松本城や遊園地では晴れてくれて良かったです。

 

旅行中からすでに次の旅行が楽しみですとか、次の旅行にも行きたいですといった声が聞こえたり、利用者さんのはじける笑顔を見たりしていると、仕事も大切だけれど充実した余暇を過ごすことも大切なことを実感しました。